NEWS&COLUMN

ホームページの制作はどこに頼めば良いの?

ホームページの制作はどこに頼めば良いの?

ホームページをどこに頼めば良いのかわからないとお悩みの方へ

ホームページ制作といっても、必要なのはホームページだけではありません。何を言ってるの?と思われるかもしれませんが、ホームページはマーケティングの手段の一部と考えれば、それ単体では効果が薄いということがお解りになるかと思います。ホームページをマーケティングから任せるのか、マーケティングは自社で行いホームページの制作から任せるのか、それによって依頼先を選ぶことが重要です。

1. マーケティング会社とホームページ制作会社

マーケティング会社の場合、ホームページは広告物の一部と捉えているため、商材によってはホームページを作る必要があるかどうかも含めて検討されます。
マーケティング会社は、商材のメディアへの露出を優先的に考えるため、ホームページが効果的と思えば制作を勧めますが、SNSや各種紹介サービスといった既存のメディアを利用する方がより効果的と考えれば、ホームページを作らないという選択も考えられます。

一方、ホームページの制作会社は、ホームページそのものが商品なため、お客様の商材に合う合わないに関わらず、制作を前提に検討されます。
ホームページの制作会社は、使いやすさ、見やすさを中心に、訪れたユーザーを取り込むための施策に絞って提案する傾向にあります。

SNSの有効活用といった点では、ともに多くの知識がありますが、『活用』という点に着目すれば、マーケティング会社に分があるように思われます。
ホームページの制作会社のスタッフはテクニカルな知識に集中しがちで、マーケティングという視点を持つ人が少ないように感じます。
反面、マーケティング会社のスタッフは、商材の宣伝方法をあらゆる方向から検討できる強みがあります。

しかし、ホームページ制作会社が作ったホームページは、表面上は見えない内部的な作りが、素人が作ったものとは全く異なるため、表示速度などブラウザへの最適化、公開後の更新のしやすさなどがしっかりと考えられています。
特に公開後の更新作業は、最初の作り方次第なので、これを冗長的な作りにされてしまうと、修正内容によっては高額な更新費を払わされることになりかねません。

2. デザイン会社とホームページ制作会社

実はホームページの制作会社といっても、ポスターやパンフレットなど、いわゆる紙の制作物を扱っていた会社が、延長上にホームページを作っているケースがあります。このデザイン会社はデザインに特化している反面、インターネットのリテラシーについてはあまり高くない場合があります。

紙のデザイナーは『見られる』ことを強く意識しているため、見た目のインパクトに優れたものを得意としています。
一方、ホームページのデザイナーは『動くこと』を意識するため、見た目よりも使いやすさを強く意識します。
ホームページでは、この『使う』という点がとても重要で、特に昨今のスマートフォンへの対応や、UI/UXなど専門知識は無くてはならないものです。

今までパンフレットや名刺をお願いしていた流れでホームページも依頼するケースがありますが、それは耳鼻科で歯の治療を頼むのと同じ。デザインと言えども紙とウェブでは全くの別物と考えるべきです。

3. ウェブコンサルタントとは

ウェブコンサルタントを名乗る人の中には、売ることが得意な営業マンだったり、本来デザイナーの立場にある人が営業行為の一貫だったりします。
しかし、ウェブコンサルタントとは本来、広くインターネットの知識を身に着け、経験を積み、マーケティング全般にも精通し、多くの制作会社、マーケティング会社と取引のある優秀なプロデューサーであるべきです。
そういったプロデューサーは、既にいくつかのサービスサイトを立ち上げ成功させている場合が多く、そういった人に相談することができれば、正しい知識を得られる筈です。

まとめ

ホームページの制作をどこに依頼するかは、何を依頼するかによって選択する会社が変わります。
全てを丸投げしたいなら、広告代理店やマーケティング会社にお願いするのが良いでしょう。
費用は高くなりますが、様々な施策を提案して実行してくれます。
自社で担当者を決めて、マーケティングを学びながらもホームページ制作を依頼する事ができれば、商材の強みをしっかりと伝えられるホームページを割安で作ることができます。
ホームページの制作会社を選ぶ時は、いくつかの制作会社に要件を伝え、見積もりを依頼するのが良いでしょう。
見積もりの価格、クオリティ、実績、公開後のサポートなどを、よく吟味されることをおすすめします。
安かろう悪かろうにならないよう、必ず費用の根拠(関わる人数と一人あたりの単価など)を確認し、制作実績は数ではなく品質重視で選べば、満足の行く結果をもたらすことができるはずです。

記事一覧に戻る ホームへ戻る